______________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________

「本質の犬のしつけプログラム」 理解と愛情が崩れない主従関係と信頼関係をつくる!                                                                  (更新日時:2022.4.24)
______________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________


しつけグッズを駆使した熟練のプロのトレーナーよりも
愛犬リッキーは6歳の少女の方に早く懐いた!
理解と愛情に基いた「ある2つの方法」を公開!!
 


______________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________


「待て!」
「座れ!」
「立て!」
「つけ!」

6歳の少女が、吠える、噛み付くの困 り者だった
体重30kgのゴールデンレトリーパーを思うがままに手懐けた?!




______________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________



当HPでは、ペット(愛犬)と飼い主である貴方が
単なる飼い主とペットと言う関係でなく



愛情と信頼で結ばれた家族


として、楽しく幸せな生活が出来ることを目標にして

そのための

「一番大切で本質的なポイント」

を挙げています。


このHPを読まれた後、貴方と愛犬の間には、かつてなかった
何者も邪魔できない太く強い主従関係と信頼関係が生まれていることでしょう。




>>>「本質の犬のしつけプログラム」<<<


______________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________

「本質の犬のしつけプログラム」を実践してして得られるメリットとは
______________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________


(1)マインド編


・「とにかくうちのワンちゃん、生後2ヶ月の頃から飼っているんだけど、2年経っても未だになかなか懐いてくれない。。。」
・「始めて犬を飼うんだけど、自分に懐いてくれるか不安だ。。。」
・「ペットは心底欲しいのだけれど、いつかは別れのときがくることがわかっているし、それを考えると。。。」
・「うちのチワワは、普段はお利口さんなんだが、ちょっとした時に突然私の手や脚に噛みついたりする。。。
   これって、犬に本当に信頼され懐かれていないのでは、と不安になったり自信喪失したり。。。」
・「うちのマルチーズを愛していることを何時も知らせたくて、家の中では四六時中怪我をしないように手取り足取りで世話を焼き、
   ご飯やTVタイムには膝に乗せてズーとなでなでしてやっているのに、
   何故か、何も構わない主人や子供達が帰って来ると、そそくさと嬉しそうにそっちの方に行ってしまう。。。」
・「うちのシベリアンハスキーは、飼い主の私がおやつを与えたり、散歩に連れて行ったりする時だけは嬉しそうに懐っこい感じを見せるが、
   そうでない時に声を掛けたり遊んでやろうとすると、必ずそっぽを向いてしまう。。。」
・「一人暮らしの寂しさ孤独もペットと一緒なら何とか癒して乗り越えて行けるかも。。。」


犬でも猫でも小鳥でも、また中には爬虫類でも^^
ペット好きの人にとっては彼らの存在は特別のものです。
かれらは実際自分の家族そのものと言って良いでしょう。


しかし例えば犬との生活を開始したりする時に、

・まだ犬に関する知識がほとんどない
・始めてでどこからどうやって付き合ったらいいのか不安だ
・飼った時から一回も上手く行かない彼らと良い関係を持ちたいんだけどその方法を知りたい
・犬って何を考えているんだろう。。。その気持ちが知りたい。。。

ペットとの同居の心構えや方法について心配や知って置きたいことなど、貴方にも色々とあるかもしれませんね。


実はそういった不安や悩みは、


「ある2つの方法」


を知ってしまえばウソのように胡散霧消してしまうのです。


@ 貴方は今、始めて子犬を飼うところで、一体これから先どうやったら
彼と上手くやっていけるか少々心配になっているかもしれません。
でもそれは相手は人間ではないのでごくごく当たり前のことなのです。


実際には子犬と同居を始めるのにそんな小難しいことは何もないのです。
「犬のしつけ本。。。」はそ れまで噛むや吠えるで手が付けられなくなっていた愛犬のしつけに逆転成 功した一飼い主が、
その手探りの体験の中からすべての犬に共通する犬特有の習性を100%解明したノウ ハウです。


出会いの瞬間からお互いの関係性を貴方に圧倒的に有利な方向に持って行く


「ある2つの方法」


を教えてくれます。


A 今まで犬を飼ったことは何回かあったが、どれもどうも相手に好かれなかった。
また同じようになってしまうんではないだろうか。。。?
貴方はこういう心配に取り付かれて、再び犬を飼うことに躊躇しているかもしれません。

しかし

「ある2つの方法」

を知ってしまえば、このような失敗を2度と繰り返す心配は無くなるのです。

その「ある2つの方法」を「本質の犬のしつけプログラム」は教えてくれます。


Bうちのワンちゃんって、一番可愛がって、ご飯をいつもやっている私よりも
 たまに遊んでやったり、散歩に連れて行ってやるだけの主人や子供のほうに懐いている感じでちょっと悔しいし悲しい。。。
 貴方はこのような嫉妬心を少しだけ抱いてはいませんか。。。?


 でも貴方のその寂しさは、もしかしたらただの杞憂かもしれません。

 実は犬という生き物は、その本能で驚くほど人間一人一人を見て感じているんです。
 つまり貴方やご家族のメンバー一人一人の言動や感情を、信じられないほど敏感に観察しているのです。
 ですから貴方の家のワンちゃんが、一体誰を自分の最高のご主人と認めているかは、ワンちゃんだけが知っているのです。

 
 そしてそのワンちゃんの心をモノにする術を

 「ある2つの方法」

 が、はっきりと貴方に伝えてくれるでしょう。


C「これからの人生をずーと一人で暮らして行くようになりそうだが、その場合、自分の横に犬とか猫や、
    小鳥でもいいから可愛いくて家族同様のペットが居てくれたら、どれ位生きて行くのが楽になるだろう。。。
    でも、前に飼った犬は困り者ですぐ病気で死んでしまったし、今度は初めて飼うようなもので、上手くしつけして良い感じで同居できるかどうか自信が無い。。。」


    貴方が、連れ添いに先立たれて一人の老後を送らざるを得なかったり、もともと独身の身であったりした場合、
    ペットを家族替わりにしたいお気持ちは良く分かります。でも、彼らとの関係構築の仕方に不安がある。

 無理もありません。

    しかし、そうして悩むこと自体が、すでに貴方と未来の家族(愛犬or愛猫or小鳥)の関係が上手く行く条件&能力だと思ってください。
    ペットのしつけに所謂<しつけグッズ>や体罰、威嚇は一切必要が無いのです。
    貴方と犬が、色々ギクシャクぶつかり合いながらも、その喜怒哀楽の中でお互いに成長して行く過程にこそ、一緒に暮らして行く価値と意味があるのです。


  「本質の犬のしつけプログラム」が、飼い主の貴方の後ろ盾となって、「ある2つの方法」でその関係構築をスムーズに無理なく実現します!


 
  >>>「本質の犬のしつけプログラム」<<<

(2)実践編


「うちのワンちゃん、目の中に入れても痛くないほど可愛いんだけどわがままで。。。」
「無駄吠え、噛み付く癖を何とかして直したい。。。」
「愛犬にトイレを覚えさせたい。。。」
「散歩で引っ張る癖を直したい。。。」
「落ち着きのない性格をどうにかしたい。。。」
「どういったものをどれだけ食べさせたらいいのかわからない。。。」
「ストレス解消のためにも運動を上手く効果的にさせたい。。。」
「変な癖があるんだけど心配だ。。。」
「知り合いから貰って来たポメラニアンのメスは、見ていて可哀そうになるくらい人間の男性を怖がるのだが。。。」



「犬のしつけは飼い主との間に上下関係をしっかり根付かせることが何よりも大切だ!」


こういう考え方の元に、スプレーチョークチェーン天罰方式またはおやつ で釣る、などのモノや特別な手法を使ってしつけることが
一番手っ取り早くて有効な方法だと愛犬を飼う関係者の99%が思っているかもしれません。

もしかしたら貴方もこの中の一人であったかもしれませんね。

でも本当にそれで良いんでしょうか。。。?
そういうやり方が、今まで貴方と愛犬の間に本当の主従関係と信頼関係を作って来たでしょうか。。。?


実は、今まで貴方が当たり前と思っていたことが、本当はまったく的外れであったかもしれないのです。


自分に懐いてくれていたと思っていたのが、実は目の前に出されたえさが欲しいだけだった。。。
よく言うことを聞くから自分を信頼してくれているんだと思っていたのが、実はそうしないと怒られたりえさをくれなかったりするから。。。


このようなことが正真正銘の真実だったとしたら貴方はどうしますか。。。?


「本質の犬のしつけプログラム」

は、犬の本能・習性を鋭く見極め、思い込みや想像でない


犬の現実


を土台にしたしつけ方法を公開しています。



そしてそれは


「ある2つの方法」


にすべて凝縮されているのです。


@愛犬で手を焼くことに「無駄吠え」「噛み付く癖」「引っ張る」「唸る」があります。
 こういう場合、飼い主の99%は、スプレーや天罰方式やチョークチェーンなどで抑え込もうとするのが普通です。
 しかし、それでその時はそれが納まったとしても、本当にその問題点が解決したと言えるのでしょうか。。。?


 実はこれら、プロのトレーナーの方達が当たり前のようにやっている方法は
 芸や職業犬なら有効ではあるけれども、ごく普通の家庭犬にとっては、飼い主本位のその場しのぎのしつけ方法に過ぎないのです。
 貴方の愛犬がそれで心底から貴方の言うことを聞いたことになっているのでしょうか。。。?

 犬の見ているのは、本当は貴方の〇〇なのです。


A「@のような<しつけグッズ>を使って愛犬の困った行動が治ったと思っても、何時もすぐまた元の困り者に戻ってしまう。。。」

 実は、良く見聞きするこの結果は、犬側からしたら至極当たり前なことなのです。

    「オヤツが目の前にあるから、それを得たら後は関係ない。」「嫌いな臭いが出るからor首が締まって痛いから今だけ大人しくして居よう。」
    「いつもかまってくれたりオモチャで遊んでくれたりするのは楽しいけど、召使いの命令や指図など馬鹿馬鹿しくて構ってはいられない。」


 これが実際だとしたら、貴方は驚かれましたか?

  このように人間と動物との間には、貴方の想像以上に深い溝が横たわっている場合が少なくないのが現実なのです。

  所謂「しつけグッズ」を使用したテクニックオンリーで、「嫌悪刺激による条件回避」を利用して
    いくら表面上、犬の行動を人間の思うように変えたとしても、それは、ほんの一時的なことで、
    適応性の高い犬は、すぐに慣れてしまうか、単に反発や敵意、軽蔑の感情を持つという結果になるだけです。

  犬は、しつけグッズを使ったテクニックに頼る飼い主が精神的にすでに負けてしまっていることを敏感に感じ取るでしょう。

  一番大切なのは、飼い主の貴方と愛犬との関係なのです。

    貴方の存在が愛犬から信頼し認められる「ある2つの方法」を知って、
    「唸る」「噛み付く」「吠える」「引っ張る」の三拍子の困り者のジャーマンシェパードやゴールデンレトリバーが、
    たったの3日で自分からお腹を見せ完全に仰向けになって尻尾もダラ〜ンとなる様子を貴方が見るのが、私には目に浮かぶようです。^^



B「犬だってさっぱりと爪切りをしてもらいたいだろう。。。」
  これも飼い主の貴方にとっては、可愛い愛犬に対して自然に生まれてくる気持ちかもしれません。
  しかし、爪切りを貴方の愛犬が本当に欲しているでしょうか。。。?

  散歩は犬にとってもストレス解消とその社会性の維持のために欠くことが出来ない事なのですが
  実はその30分の散歩時に犬の爪は自然に削られるのです。
  
  飼い主である貴方がすることは、人間側からの一方的なしつけではなく、犬が本当 にして欲しいことは何かを知ることなのです。
  「犬のしつけ本。。。」は、犬の目線にたっての本物のしつけ方法を教えてくれます。



C飼い主であれば誰でも、「座れ」「立て」「待て」「食べて良し」「付け」などの命令を素直に聞く愛犬であって欲しいと思うのは当然で しょう。
 うちのワンちゃんはこれらの命令を満足に言うことを聞いているから安心だ。。。
 でも本当にそうなんでしょうか。。。?


 実際は、貴方の愛犬が聞いて見ているのは、貴方ではなくて、「おやつ」と「ご飯」や「しつけグッズ」の方ではないですか。。。?
 実は、犬は本当に自分が認めた人間の言うことだったら、それらの「モノ」 がなくても言うことは当たり前に聞くのです。
  

  「本質の犬のしつけプログラム」は、それをあっという間に可能にする


 「ある2つの方法」


    を貴方に教えてくれます。


Dよくある飼い主の悩みですが、「知り合いなどから貰って来た同種類のオスメス二匹のうち片方だけ飼い主の男性だけには怖がって絶対に近寄らない。
    また異常に吠えたり攻撃的になったりするのをどうにかして変えてあげたい。。。!」というのがあります。

  これは、もしかしたら前の飼い主から虐待されていたり、異常に甘やかされていたりした可能性もあります。

    そのようなしつけ方からは、飼い主と犬との間には絶対に本物の絆は生まれません。

  そういう悩みこそ「本質の犬のしつけプログラム」が語っているある2つの方法が、愛犬の閉じた心を見る見るうちに開き、
    恐怖や怒りの対象だった特定の人間に、自分から近づいて行くようになるのです。

   きっとあなたは、目からウロコ!状態になるでしょう。



Eプロのドッグトレーナーに頼めば何十万円掛かるし、仮によくあるDVD教材を購入しても、
    それで本当に愛犬が良い方向へ変わるかどうかも分からない。
    しかも、上手く行かない場合、もっと効果があると、高額なしつけグッズやしつけコースを進めて来るやり方にはウンザリしている。


  ご安心ください!

 「本質の犬のしつけプログラム」は、よくあるチョークチェーンやフード、クリッカー、臭い系、オモチャ、それにオヤツなどの「物」は一切使いません。
    勿論、後で何かを売りつけるようなこともありません。
  さらに困ったこと悩みごとがあれば、期限回数無制限のメール個別相談で納得の行くまでの作者自身のサポートがあります。


 どうか大船に乗ったような気持ちで、今日から貴方と愛犬の間に本物の関係を築いて行ってください!!



>>> 「本質の犬のしつけプログラム」<<<


______________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________


堀川春広氏の「本質の犬のしつけプログラム」
(大分長いタイトルですが^^)

ペットを単なるしつけ・調教の対象としてではなく


飼い主である貴方の


「愛情を持って理解する相手」


として付き合う ことをコンセプトにしています。
                               
  ↓↓↓
>>> 「本質の犬のしつけプログラム」<<<


______________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________


「本質の犬のしつけプログラム」

A4版フルカラー48ページで構成されています。

100枚以上の写真付で、
わかりやすい図解をふんだんに且つ系統的に差し入れて
矢印でポイントを示して


しつけ方をわかりやすく解説しています。


さらに作者堀川氏の無制限メール相談付


ですから、ペット初心者の方でも、手取り足取りという感じで
安心して大船に乗ったカのような気持ちで
愛犬のしつけに取り組んで行くことが出来ます。


※「製本版」と「ダウンロード版」があります。


「本質の犬のしつけプログラム」は、
是非、当HPからご購入の程よろしくお願い申し上げます。
              
        ↓↓↓
>>>「本質の犬のしつけプログラム」<<<
      (作者 堀川春広)


______________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________



編集後記

「夢が叶うふじあきおのHP」へのご訪問、本当に有難うございます!


卯月です。

オミクロン株が未だ頑張っている世間も、
また何時もの様に5月のゴールデンウイークが間近に迫って来ました。

既にコロナも3年目ということもあり、
重篤性の方も、なんかインフルエンザ扱いで良いような感じになっており、
ボチボチ観光地への人出も多くなり始めている様です。

これまで外出制限で抑えて来た旅行や飲食が
再開することは大いに結構なことです。


そんな中で同じ在宅でも毎朝毎晩坦々と
愛犬タロウとご主人の貴方は
家の周囲2〜4qを散歩して来ました。

その普遍の努力は見上げたものです。
素晴らしいです!


実は、筆者も、週5日、早朝に新聞配達をしているからよく分かるのですが
単に通勤、通学、買い物の外出とは違い、

散歩して観る世間の様子は
全く別のベクトルからのそれになります。

普段の外出では全く気が付かない世間の様子などから
ハッと気づきを得ることが
あなたも愛犬タロウも多いことでしょう。

それだけで貴方の愛する愛犬タロウは
燐家の愛犬ヨタロウよりも世間通になり
世渡りの知恵も数段上がっているものと思われます。(^^)/


さて、鳥と犬とでは、同じ動物でも
脳の大きさも違うしで
飼い主との関係性も自ずから違って来るだろうと思います。

只、どうやら両者にも変わらない共通点があるように思うようになりました。

それは、飼い主と動物との間に作られる


信頼関係と主従関係


です。

それは、犬の場合に、傍目で見ていても
物凄くハッキリと現れる点ですね。


筆者は、週に5日早朝、新聞配達をしているのですが
その道すがら、必ず4〜5組の飼い主と愛犬のカップルの散歩を見かけます。

良く見ていると、あるカップルは、愛犬が飼い主の横にピッタリと寄り添って
前に出るでもなく後ろに下がるのでもなく

時々飼い主の顔を見上げながら
彼(彼女)の気持ちを汲むような形で歩いています。

片やあるカップルの方はと言えば、愛犬は
もうリードが切れるくらい飼い主を引っ張り廻して
我が物顔に振舞い続けます。

良く見られる違いの一つですが
信頼関係と主従関係という点では
どちらが勝っているかは、敢えて言うまでもないでしょう。


筆者が思うのは、前者の方が
飼い主としても愛犬としても
幸せな関係ではないかということです。

つまり、そういう関係性が、飼い主とペットの共存では自然だと思われるんです。(^^)


>>>「本質の犬のしつけプログラム」<<<


_____________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________

[HP 責任者情報]

HP責任者:ふじあきお
ブログ:
「ペットのしつけ方」
連絡先:「ご質問メール入り口」

マニュアル「本質の犬のしつけプログラム」 を始め
 当HPの内容について何か疑問なりわからないことなどありましたら
 ご遠慮なく「ご質問メール入り口」までどうぞ。 
______________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________                                                                                 Copyright (C)2012-2020pet2000.comAll RightsReserved.ez-HTML